\東京オリンピック開催記念/
「キッチンカーを始めてはいけない人5つの特徴」
無料オンラインセミナーで公開します!

今、こんな悩みありませんか?

キッチンカーを出店する場所はどうやって確保すれば良いの?
キッチンカーの車両の違いやオススメしない車両はあるの?
キッチンカーで営業するのに許可を取るにはどうすれば良いの?
食材、包材など、キッチンカーの営業に必要なものは紹介してもらえるの?
キッチンカーで初期投資はどれくらい必要なのか、検討がつかない。
オーナーでキッチンカーを所有し、キッチンカーを従業員やアルバイトに任せたいけど、やり方が分からない。
子育てもある程度終えたので、自分のやりたい事を事業にしたいけど、どうやって形にしたら良いか分からない。
将来、飲食店で独立開業したいけど、コロナで先行きが不透明で躊躇している。
飲食店をやっているけど、コロナ禍で緊急事態宣言や時短営業で営業できないので、不安が募る。
夢も目標もなくモヤモヤした日々が続くが、チャンスを掴み新しい事にチャレンジしたい。

キッチンカー事業に携わる中で、多くのキッチンカーで事業を始めたい方やチャレンジしたいという方に出会い、色々とご相談を伺う中で、上記のような悩みをたくさん頂きました。

一方で、不安や疑問を解消し、一歩踏み出しキッチンカー事業を始めた方たちは、大きく人生を変えるきっかけを掴み、目の前に拡がる可能性にチャレンジし続けています。

今、キッチンカーを始めるのにおすすめの理由

引用 Mellow(メロウ)|日本最大級のモビリティビジネス・プラットフォーム

新型コロナウィルスをきっかけに、日本では「新しい生活様式」を政府が推奨し、人々の生活スタイルに大きな変化が生じています。

特に、ショッピングはオンライン通販で、飲食はテイクアウトやウーバーイーツなどの出前で、飲み会はオンライン開催でと推奨され、非接触型の飲食店モデルとして、キッチンカーはとても注目され始めています。

今では、ランチ需要の多いオフィス街や商業施設の空きスペースを活用して出店するなど、多くの方が目にする機会が増えています。

また、キッチンカーのニーズは、これまで夜店やイベントでは屋台を組んでいたものが、キッチンカーを出店するだけで出店準備を整える事が出来たりと、新たなニーズをキャッチし、可能性を拡げています。

さらには、緊急事態宣言や時短営業のあおりを受け、飲食店を営む事業者が新たな販路拡大のためにキッチンカーを始めたり、大手外食産業がキッチンカーに参入し始めています。

ハウス食品がキッチンカー事業者を支援

キッチンカー事業に参入した大手企業の一例ですが、大手食品メーカーのハウス食品は、初期費用をかけずに、必要最小限の人件費で外食事業を始められる、キッチンプラットフォーム「街角ステージweldi」を2021年から始めました。

ハウス食品の事例は、キッチンカー事業を始めたい飲食店のサポートがメインになりますが、外食産業の大手企業は、新たな販路、新しい生活様式にマッチングするようなビジネスモデルとして、自社でキッチンカー事業を手掛けているところが多くなってきています。

銀座カリーのキッチンカー
ネスカフェのキッチンカー

外食デリバリー(出前)は、前年対比で急激な増加率

一方で、デリバリー産業の市場規模と増加率も、表のとおり、新型コロナウィルスを機に大幅に増加しています。

このような外食産業や食品メーカーの大手に限らず、withコロナ、afterコロナの新しい飲食店モデルとして期待値が高いキッチンカー事業は、大変注目されており、今後も市場は拡大していくと予想されるため、大きなチャンスが眠っています。

しかしながら、多くのキッチンカー開業者が
間違いを犯している事に気付いていません

一方で、キッチンカー事業を始めている事業者の中でも、売上を伸ばし続けている方もいれば、逆に売上を伸ばせず悩んでいる事業者も少なくなく、事業者の間でも二極化してきています。

3年以内に60%が廃業、売上が上がらない事実

実は、キッチンカーを開業し1年以内に30%、3年以内には60%が廃業しており、利益を出し売上を伸ばし続ける事業者は、全体の15%程度しかいないという事実は、あまり知られていません。

キッチンカーは製造し、出店すれば売上が上がるというものではなく、抑えるべきポイントを抑えていなければ、売上が上がるはずの場所に出店しても、全く売れない・・・と期待はずれの結果に終わってしまいます。

キッチンカーをはじめてはいけない人の特徴5つ
無料オンラインセミナーで公開

buzzチュロス

そこで、現役でキッチンカー事業を営むBUZZグループでは、これまでたくさんのキッチンカー事業者を見て感じてきた経験や、実際に運営して分かった事を交えて、

  • キッチンカーを始める前に知っておくべき事
  • こんな方はキッチンカーをはじめてはいけないと断言できる「5つの特徴」

を無料オンラインセミナーで解説しますので、これからキッチンカーを始めようと思っている方は、是非受講いただければ幸いです。

\東京オリンピック開催記念/
「キッチンカーを始めてはいけない人5つの特徴」
無料オンラインセミナーで公開します!

オンラインセミナー 講師紹介

BUZZグループ

本田 貴裕 株式会社GUD 代表取締役
2012年4月、10年勤務した東証一部上場企業を退職し、個人事業主として独立、開業。
これまでの経験を元に、コーチング、コンサルティング事業で起業準備を進めていたところ、WEB集客の重要性を感じ、WEBマーケティングを極めるべく、新たに勉強を始める。

起業後1年収益ゼロの状態が続くも、WEBマーケティングの基礎を身に着け、インターネットで集客、収益化する術を身に着けた事で、2015年4月には株式会社GUDを設立、法人化。

WEBマーケティング事業では、最高月商550万超え、平均月商200~300万を一人で売り上げるマーケターへと成長、クライアントには飲食店、美容院、整骨院、介護施設、パーソナルジム、イベント企画会社、デザイン会社、保険会社、コンサルタントやコーチなど、様々なWEBマーケティング、サポートに携わる。

2020年6月には、友人4人と新会社となる株式会社COOPERを設立。
こちらの事業は、主にキッチンカーや移動販売事業者の育成、コンサルティングがメイン。
弊社では、これまでの知見を活かし、オンラインマニュアルやコンテンツの仕組み化、加盟者のSNS運用や広告運用のアドバイスを担当。

2021年6月より、これまで培ったキッチンカー育成のノウハウを活かし、自社でも軽バンを使ったキッチンカー事業を開始。

”あなた想いの焼きチュロス”で、お客様に優しい、寄り添う5つの約束を掲げたキッチンカー事業に尽力している。

【主な実績】
●2021年現在、起業後インターネットのみで売上累計2億円以上。
●オンラインセールスを仕組み化、100万円のコンサルティングを非対面で複数受注。
●キッチンカー事業者、売上100万円以上の達成者を3名排出。
●2021年7月キッチンカー事業(BUZZチュロス)は、キッチンカーで売上約50万、催事約38万達成、計88万達成。

\東京オリンピック開催記念/
「キッチンカーを始めてはいけない人5つの特徴」
無料オンラインセミナーで公開します!